人気ファンデーション選び方の秘訣とメイクの方法

江原道ビジョンファンデーションのトライアルセット

厚化粧にならないためには

厚化粧はメイクの失敗の中でももっとも避けたいもののひとつです。自分では相応しいと思ってやったメイクが周りから見れば厚化粧。見た目にもよくないだけでなく、「素顔に自身がない」と思われたり、センスを疑われてしまう恐れもあります。

厚化粧になりやすいパターンは毛穴の開きやシミなどを隠そうと意識しすぎてしまい、ファンデーションを塗りすぎてしまうことです。毛穴の奥まで押し込んでしまうケースも多く、厚化粧になってしまうだけでなく、毛穴を詰まらせ吹き出物などの原因になってしまうこともあります。肌のトラブルを隠すつもりが逆に悪化させてしまう。毛穴トラブルを隠すためにはファンデーションは薄くするのが鉄則です。

これを防ぐためにはベースメイクが鍵を握ります。とくに化粧下地。カバー力のある化粧下地をうまく活用すればファンデーションの使いすぎを避けることができます。

また、厚化粧に見せないようなメイク方法も重要になってきます。肌の色とファンデーションの色が異なる場合、それほど厚化粧していないのにも関わらず厚化粧に見られてしまいます。自分の肌の色とあまりかけ離れたファンデーションは使わないようにしたいものです。

それから基本中の基本ですが、メイクをし終わった後は一歩下がって出来栄えを確認することも大事です。鏡に顔を近づけた時と、離れた見たときとでは光の当たり具合など、かなり印象が異なってきます。注意したいものです。